夜の散歩をしながら、僕は考える。
僕は去年、まだ17歳だった。
そして、やっと今年17歳だ。
だから、来年こそは、17歳になりたい。
何かがおかしい。
僕は本気で考える。
僕と、この散歩の行き先について。
彼女が消えたあの日から、
僕の記憶は誰かに操作されてるに違いない。
想いだせない事がある。
彼女が居ないこの場所に、 僕が居る理由なんてある筈ない。